スタバ エッグ&キーマカレーデニッシュ

0

    thankstarbucks

     

     

     

     

    スタバの「エッグ&キーマカレーデニッシュ」

    カレーが好きだから食べるのか

    デニッシュが好きだから食べるのか
    丸ごと1個の半熟玉子が絶品だとか
    とにかく好評みたい。

     

     

     

    thankstarbucks

     

     

     

    Starbucks Coffee Japan 公式サイト:

    エッグ&キーマカレーデニッシュ

     

     

     

    カレー好きとして

    再現する際 ビッグサイズになってしまいました。

    デニッシュも食パンで代用です。

     

     

     

    thankstarbucks

     

     

     

    カレー大好きです。

    いわゆる我が家のカレーライス的なものも
    残り酒のワインや日本酒を足したり
    自家製ローリエで煮込んだり
    楽しんでます。

     

    レトルトカレーは 銘柄によって
    中辛がいい!辛口がいい!
    量が少ない!などなど家族で議論もします。

     

    好みの味の
    カレーうどんを置いているうどん屋さん。
    カレーライスを置いているレストラン。
    そんなのも重要です。

     

     

    さて
    好みでないレトルトカレーが一袋あったとします。

     

     

    thankstarbucks

     

     

     

     

     

    先日 焼きたてが美味しいという食パンをいただきました。

    毎朝ストレートにトーストでいただきました。

     

     

     

    thankstarbucks

     

     

     

     

    ご飯党の家族に 毎朝飽きがこないように

    最後に残った部分をアレンジしたら成功しました。

     

    インスピレーションは
    スターバックスの「エッグ&キーマカレーデニッシュ」

     

     

     

     

     

    thankstarbucks

     

     

     

     

    まずはぼーっとした頭でも 半熟ゆで玉子を仕掛け。

    寝ぼけまなこでも ぐりぐり食パンの中身をくり抜き。

    レトルトカレーを一袋フライパンへ流し

    冷蔵保存していた人参(ジュースを絞った時の残り)は
    もさもさしていて カレーの水分をうまく吸い取ります。
    この日冷蔵庫にあったえのき茸を細かく切って投入。

     

     

    thankstarbucks

     

     

     

     

    甘くなりがちな構成だから

    ガラムマサラ、ターメリック、ナツメグ、パプリカなど
    スパイスをどんどん足しました。

     

    食パンカップの底に
    殻をむいた半熟玉子を押しつぶすように入れ
    カレーペーストを盛り トースターで焼きました。

     

     

     

     

    thankstarbucks

     

     

     

    緊張の瞬間「入刀っ」

     

     

     

    thankstarbucks

     

     

     

    キーマカレー好きの私には

    こういう食し方にクセになりそうです。

    起きがけの布団の中で思いついたアイデアにしては上出来。

    ドラえもんの "出来杉くん"

    auの "意識高すぎ!高杉くん"

     

     

     

    thankstarbucks

     

     

     

    カレーのこだわり、なんかある?

    カレーカレーランプカレーカレーランプカレーカレーランプカレーカレーランプカレーカレーランプカレーカレーランプカレーカレーランプカレーカレーランプ

     

    JUGEMテーマ:スターバックス

     


    デザイン・アートランキング


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.11.16 Friday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック